月刊 panda jazz club

勝手にCDレビュー
最近購入したCDはもちろん、昔購入したCD、最近チェックしたCDについての個人的なコメント。毎月1日にUPします。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
Bitches Brew: Live / Miles Davis
JUGEMテーマ:音楽

帝王、君臨。

ジャズと言うよりロック。ロックというよりジャズ。
まぁ、ジャンル分けはどうでもいい話ですが、
万人受けする音楽ではないことは確かです。

つまり、評価は2極に分かれるのでは。
これが判らんやつはジャズが判っていない
こんなのはジャズ(音楽)じゃない。ただの音の洪水。

でも、「理屈はわからないけど、なんかかっこいい」
そんなひともいるでしょうね。
それが帝王・マイルスのすごいところです。
正直言えば、ボクはこの部類です。

譜面がない中で、ミュージシャン同士がアイコンタクトで
演奏を進めているんですよ。
Tpのこの音に対してElpがこの音を出したのかな?
そうすると、Bassの音はこのフレーズに反応したのか?
Drは誰の目を見ているのだろう?

目を閉じて、そんな想像をしながら聴いてみてください。
きっと新たな発見があると思います。
特に、音の洪水と言って切り捨てるような人にお勧めします。

しかし、決してドライブしながら聴かないでください。
ドライブ中の携帯電話以上に危険です。


1.Miles Runs The Voodoo Down
2.Sanctuary
3.It’s About That Time/The Theme
4.Directions
5.Bitches Brew
6.It’s About That Time
7.Sanctuary
8.Spanish Key
9.The Theme


| バンマス | Trumpet | 00:49 | - | - |
KIND OF BLUE / Miles Davis
JUGEMテーマ:音楽

マイルスのアルバムにはずれがあるわけがない。ということがもちろんこれも問題なしです。
サックスはコルトレーンとキャノンボールアダレイ。好きなサックス吹きが二人入ってますからね!オープニングの#1から静かな中にも熱い演奏が凝縮されています。音楽理論的に検証すると云々といったうんちくはどうでもいい!とにかくこここめられた音を感じて欲しい。
マイルスの時代を大きく分ければ電化前/後となるわけですが、これは「前」ですね。そういった意味ではジャズ初心者の方にも十分安心してお勧めできるアルバムです。

・・・
ちなみにこのCDは「Blu-specCD」という最新技術を流用したCDとなっています。理屈はほかに譲りますが、「音がいい」というのがウリで、だまされたと思って手にしました。ハイ、確かにいい音してます。そういった意味でもこのCDは買いです。
| バンマス | Trumpet | 02:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
20th Century Masters: Millennium Collection / Chuck Mangione
フュージョン・フリューゲルホルンの第一人者、知る人ぞ知る、チャックマンジョーネ。ボクが知っているのは、#5と#7のみ。実はこれが目当てで発注です。
いわゆるアメリカのエンターテインメント界のゴージャスな世界がここにありました。イントロから曲が始まるも、主役がなかなか出てこない曲や、出てきても脇役で終わっていたり。でもそこではストリングスやフルートがきれいに響いている。正直「失敗」でした。いわゆる複数のアルバムからの寄せ集めによる「BEST」ものですが、ここからチャックマンジョーネを知るのは無理があるような、そんな気がします。
とは言え、目当ての#5では目当てのメロディーも聴けましたので、自分を納得させることは出来ました。

1. Land Of Make Believe
2. Bellavia
3. Main Squeeze
4. Chase The Clouds Away
5. Feels So Good
6. Hide And Seel (Ready Or Not Here I Come)
7. Children Of Sanchez (Overture)
8. Hill Where The Lord Hides
9. Fun And Games
10. Give It All You Got
| バンマス | Trumpet | 11:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
Work Song / Nat Adderley
ワーク・ソング
ワーク・ソング

タイトルナンバー#1だけでも買い。TVでジャズをイメージした映像のBGMに良く使われていますので耳にはなじんでいるのでは?
とはいえ、それ以外もよい雰囲気ありますね。いわゆる夜のアルバム。Wes Mongomeryがいい味だしてます。じっくり聴いてくださいね。

1.Work Song
2.Pretty Memory
3.I've Got A Crush On You
4.Mean To Me
5.Fallout
6.Sack Of Woe
7.My Heart Stood Still
8.Violets For Your Furs
9.Scrambled Eggs
| バンマス | Trumpet | 22:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
1969 MILES FESTIVA DE JUAN PINS / Miles Davis
miles 1969

1969マイルス
1969マイルス


帝王、電化とモードの境目のころ。ジャズというよりもロックと言ったほうがいいかもしれない。そんなロックな中にMilestonesがジャズして入っているんですよね。このアンバランスさがまたかっこいいライブ盤。
こんな強烈なライブに立ち会えたオーディエンスがうらやましい。

メンバーは マイルス(Tp)、ショーター(Sax)、チックコリア(Pf)、デイブホランド(Bass)、ジャックディジョネット(Dr)。最高のメンツ。

マイルス、最高!

1.ディレクションズ
2.マイルス・ラン・ザ・ヴードゥー・ダウン
3.マイルストーンズ
4.フットプリンツ
5.ラウンド・アバウト・ミッドナイト
6.イッツ・アバウト・ザット・タイム
7.サンクチュアリー~テーマ

ちなみに国内盤でしか発売がないそうです。
| バンマス | Trumpet | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
Milestones / Miles Davis
Milestones
Milestones

帝王、マイルス。もう何も語る必要ないですね。ちなみにこれはモード奏法の最初の録音。バップ〜モード〜電化。大きな流れから見れば中間期でしょうか。
#4は初めてボクが人前で演った曲と言う意味でも思い入れのある曲。どれくらい聴き込んだだろう。テーマに始まり、キャノンボールアダレイ〜マイルス〜コルトレーンの順でソロが回されます。コルトレーンのソロがこれからって時にマイルスはテーマに入ります。これは決められた小節数を数えられなかったコルトレーンが悪いって言えば悪いんですが、あのままコルトレーンがソロを続けていたらどんなフレーズが出ただろう・・・そう思うとレコーディング現場の雰囲気にはとても興味がありますね。
ということで、他の曲も魅力的な曲が並んでいます。通して聴いてくださいね。


1.Dr. Jeckle
2.Sid's Ahead
3.Two Bass Hit
4.Milestones
5.Billy Boy
6.Straight, No Chaser
7.Two Bass Hit (Alternate Take)
8.Milestones (Alternate Take)
9.Straight, No Chaser (Alternate Take)


| バンマス | Trumpet | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
Cornbread / Lee Morgan
Cornbread
Cornbread


ぼくは#1がお気に入り。かっちょええです。個人的にはメンバーにジャッキーマクリーンが入っているのがポイントでしたが、テナーでハンクモブレー、ピアノでハービーハンコックとなれば聴かない手はありませんよね。
こうして聴いてみると、リーモーガンと言う人、とっても上手くてかっこいいです。ペット吹きに聴いて欲しい。

1.Cornbread
2.Our Man Higgins
3.Ceora
4.Ill Wind
5.Most Like Lee
| バンマス | Trumpet | 22:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
The Sidewinder / Lee Morgan
The Sidewinder
The Sidewinder

これ抜きにしてリーモーガンは語れないそうです。ボクはリーモーガンのアルバムを全部を聴いたわけではないので、そこまでのコメントは出来ませんが、「サイドワインダー」がかっこよく、決まっているのは判ります。そしてこれを自信をもってお勧めできます。ジャズとロックの融合が始まった歴史的なアルバム・・・だそうです。

1.The Sidewinder
2.Totem Pole
3.Gary's Notebook
4.Boy, What A Night
5.Hocus-Pocus
6.Totem Pole (Alternate Take)
| バンマス | Trumpet | 22:39 | comments(0) | trackbacks(1) |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE